「Xeory Base」をカスタマイズしてブログを始めます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルのとおりです。
このサイトはバズ部のテーマ「Xeory Base」を基にして作られています。

はじめての投稿では、どうして僕がXeory BaseをWordPressのテーマに選んだのかについてお話します。

理由① OPENCAGEのテーマ溢れかえり問題

WordPressには有料・無料問わず様々なテーマが星の数ほど存在しています。
その中でも一番僕がよく見るテーマはOPENCAGEのテーマです。

「スワロー」「ストーク」「ハミングバード」「アルバトロス」がそれらにあたりますが、僕の見ている”WordPress”を使用したブログの3割強(体感)はそのいずれかを使っているように思います。

どのブログに飛んでも同じような見た目になっていて、あまりオリジナリティが無いです。

ブログを見てくれているユーザーに一発でOPENCAGEのテーマ使ってるな・・・!
ってバレるのがなんだか恥ずかしくて利用しないことにしました。

もちろんディスってる訳では無いですよ!
僕自身も「ストーク」と「ハミングバード」は持っているし、大変お世話になっているので・・・。

理由② カスタマイズしやすい(めっちゃ人による)

Xeory自体見ての通りとてもシンプルに作られているため、カスタマイズがしやすいと僕は感じました。

ソース自体も見やすく、基本的なWeb知識(HTML/CSS/PHP etc…)があればそれほど困ることはなさそうです。

標準でサポートされてるカスタマイズは、大まかなレイアウトやフォントサイズや色の変更しかできないので、基本的な知識も無いよ!って方にとっては難しいかもしれません。

ここに関しては本当に人によって感じ方は違うと思います。

理由③ サイトの読み込みスピードが早い

理由②でも触れましたが、Xeoryはとてもシンプルに作られているため、サイトの読み込みスピードが早いです。

もちろんサーバーの影響やユーザーの環境によっても大きく左右されるため一概に言い切ることはできませんが、いくつものテーマを扱ってきた身としては、テーマの影響も大きく関係していると思います。

PageSpeed InsightsやGTmetrixなどでパフォーマンステストを行った結果がこちら。

画像やソースコードを圧縮するプラグインを入れて計測していますが、これだけのパフォーマンスが出ていればユーザーに不快感を与えることなくコンテンツの提供が可能です。

理由④ デザインよりもコンテンツ重視

自分が何かを調べるとき、何を見ているか考えます。

僕はいくらデザインが良くても内容が伴っていなければ、そのページからは即離脱してしまいます。

ユーザーが何を求めるかって、結局はデザインではなくコンテンツなんですよね。

Xeoryも最低限回遊率が上がるようなデザインにはなっているし、そんなにデザインにこだわらなくてもいいかなって思いました。

まぁ、このブログの方向性もそれほど決まっていないし、僕の文章力からしても力の入ったコンテンツを提供できそうも無いし、何を言っても無駄な気がしますが(笑)

理由⑤ なんと言っても「無料」

実は前に一度、仕事でバズ部を運営されている「株式会社ルーシー」へ伺い、お話を聞かせていただく機会がありました。

お話を聞けば聞くほどコンテンツに命を賭けており、徹底的にユーザーファーストを目指していました。

そんな会社が提供するノウハウが詰まったテーマが「無料」で使えるんです。優秀なテーマは買う時代、無料で配ってしまうなんてどうかしてます(笑)

①~⑤まで、僕がXeoryを選んだ理由をお話しましたが、まだ作りたてのブログの為、今後言うことが二転三転するかもしれません。
そこに関してはご了承ください。

今のところデメリットってそんなに無いかな~って思っていましたが、ありました。よくよく考えたらめちゃくちゃイライラしたことありました。

Xeory配布サイトがありえないほどサイトが重たいです。どうしてこんなに重くなっちゃってるのよ・・・。

普段は見ないんでいいんですが、相当数テーマを配布しているならもう少し改善してほしいですね。

PageSpeed Insightsで計測すると、タイムアウトになりますよ・・・!?

そんなところですかね。

本日は以上!

関連記事

【WordPress】次世代フォーマット(WebP)での画像配信...

【初心者オススメ】GutenbergのカスタマイズならUltim...

【Gutenberg超拡張】Snow Monkey Blocks...

【Webサイト高速化】Xアクセラレータ導入前と後の比較をしてみた...

WordPressユーザーは早く「Gutenberg」に乗り換え...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加