【Webサイト高速化】Xアクセラレータ導入前と後の比較をしてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

このサイトを運営するにあたってサーバーはXSERVERを採用しているんですが、つい先日旧サーバーから新サーバーへと移行しました。

その恩恵もあってか昨年9月にリリースされていた「Xアクセラレータ Ver.1」機能が使えるとのことで、導入前と後の比較をしてみました。

よく分かりませんが、最大で10倍以上のパフォーマンスが得られるとのこと。

この記事を書いている2019年3月現在は、進化した「Xアクセラレータ Ver.2」が提供されているようなんですが、僕のサーバーではまだ使えないようです。

こちらはWordPress最大10倍高速化なんて謳われています。

すごいですね。

ただ、まだ使えないものは仕方がない。
なら今使える「Xアクセラレータ Ver.1」を試してみよう!ってことで試してみました。

果たして導入前と後ではパフォーマンスに差が出たのか。

比較に使用するツール

比較に使うツールは2つ。
PageSpeed InsightsとGTmetrixです。

今回は単純にパーセンテージで比較します。

計測

同じパソコン・同じブラウザ・同じ時間帯で計測しています。

誤差がある可能性をふまえ、それぞれ3回繰り返します。

1回目

PageSpeed Insights(PC)

通常95
Xアクセラレータ94

PageSpeed Insights(SP)

通常68
Xアクセラレータ68

GTmetrix

通常B(88%)/C(70%)
XアクセラレータB(88%)/C(70%)

2回目

PageSpeed Insights(PC)

通常90
Xアクセラレータ95

PageSpeed Insights(SP)

通常65
Xアクセラレータ70

GTmetrix

通常B(88%)/C(70%)
XアクセラレータB(88%)/C(70%)

3回目

PageSpeed Insights(PC)

通常89
Xアクセラレータ95

PageSpeed Insights(SP)

通常66
Xアクセラレータ70

GTmetrix

まとめ

正直思っていたほど結果としてはあらわれませんでした。

よくよく説明文を読んでみると、こうありました。

「静的ファイルの高速化と同時アクセス数の拡張が行われます。」

このサイトはWordPressで運用しているため、あまり効果が出なかったようです。

Ver.2では、「Ver.1の特徴に加えて、PHPプログラムが高速化されます。」とあるので、こちらのほうがはっきりと目に見て効果が出そうです。

Ver.2が使えるようになった際には再度試してみようと思います!

関連記事

WordPressユーザーは早く「Gutenberg」に乗り換え...

【WordPress】次世代フォーマット(WebP)での画像配信...

【Gutenberg超拡張】Snow Monkey Blocks...

【初心者オススメ】GutenbergのカスタマイズならUltim...

「Xeory Base」をカスタマイズしてブログを始めます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加