【Gutenberg超拡張】Snow Monkey Blocksの使い方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

WordPressのGutenberg Editorを使い始めて2週間が経ちました。
Classic Editorでは簡単に出来たことがなかなか出来なかったり、なかなか苦労しています。

先日Gutenberg Editorをもっと快適に使える方法が無いかな~なんて調べていたら、「Snow Monkey Blocks」というとても素晴らしいプラグインに出会いました。

今後絶対に伸びていくと思うプラグインだと思うので、紹介してみようと思います。

【2019年04月04追記】 現在はUltimate Addons for Gutenbergを使っています。気になる方は下のリンクからご覧ください。

【初心者オススメ】GutenbergのカスタマイズならUltimate Addonsで決まり!

2019.03.15

「Snow Monkey Blocks」とは

Snow Monkey Blocks は、Gutenberg で「これをやりたかったけどできない」を「できる」ように、実用的で便利なブロックを追加するプラグインです。

公式サイトにはこのように記載がありました。

今まではショートコードなどを駆使して行っていた装飾が、ブロック単位で行うことが出来ます。

WordPress 5.0以上にアップデートし、Gutenberg Editorを使用している全ユーザーにはとてもおすすめできそうです。

「Snow Monkey Blocks」のメリット

簡単

WordPressの公式ディレクトリに公開されているため、ダッシュボード上からインストールすることができます。

初心者の方でも簡単ですね。

公式ディレクトリはこちら

安全(おそらく)

開発者の方が日本の方のようで、国産プラグインです。

海外製のプラグインでダウンロード数が数百回程度のものは僕は絶対に導入しないんですが、作者が日本人ということで、なんとなく信用してダウンロードしました。(2019年3月現在で500程度)

日本の方の安心感😂

お洒落

様々なブロックパーツが用意されていますが、どれもこれもレベルが高いです。

これは実際に見てみないと分からないと思うので、実際によく使いそうなものを見てみましょう!

実際に使ってみる

(注意)僕はバズ部のXeory Baseをテーマとして利用していますが、CSSが干渉しあって多少デザインが崩れてしまっています。そのうち直します。

アラート

吹き出し

ボックス

ボタン

ボタンボックス

FAQ

アイコンリスト

価格表

レーティングボックス

ステップ

お客様の声

項目

スライダー

パネル

メディアと文章

サムネイルギャラリー

「Snow Monkey Blocks」のデメリット

使ってみてデメリットはあまり感じませんが、強いて言うなら少しだけJSが重たい気もしなくもないです。

プラグインをインストールして使っているだけなので、もう少し良い配信方法があるのかもしれませんが。

このサイトのトップページを読み込んでみましたが、およそ40%はSnow Monkey Blocksで使用しているJSのようです。

こんなもんでしょうか?

まとめ

Gutenbergが使いにくくて無効化している方も多いのではないでしょうか。

僕もはじめは使いにくいな~なんて思ってましたが、最近は慣れもあってか苦労しながらも使いやすいと感じるようになってきました。

そんなGutenbergを飛躍的に使いやすくすることが出来る「Snow Monkey Blocks」を一度使ってみてはいかがでしょうか!

おすすめです!

関連記事

【WordPress】次世代フォーマット(WebP)での画像配信...

「Xeory Base」をカスタマイズしてブログを始めます

WordPressユーザーは早く「Gutenberg」に乗り換え...

【Webサイト高速化】Xアクセラレータ導入前と後の比較をしてみた...

【初心者オススメ】GutenbergのカスタマイズならUltim...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加